急にタッチ不可のiPadAir5 基板修理

機種:iPadAir5
症状:タッチ不可
経由:急にタッチ全く反応なし
※弊社取引店舗様へお持ち込み、
パネル交換しても改善しなかった為、
弊社にご依頼いただきました。
同業者様からご依頼いただいたタッチ不可のiPadAir5です
タッチ不可でiPadAir5の液晶パネル交換をされたようですが、
交換してもタッチ不良は改善しなかった為ご依頼いただきました。

弊社で分解して、まずは液晶ケーブルに問題が無いか確認します。

もともとの液晶パネルケーブルに損傷は無なかったです。
弊社の液晶パネル仮付けしても改善しなかった為
タッチ不良の原因は液晶の問題ではありませんでした。
より基板の故障で確定できます。

基板を測定していきます。

基板の保護用のカバーを外します。

基板を顕微鏡で観察して
タッチICチップ周辺のコンデンサーを測定します。

測定した結果、写真のコンデンサー故障しました。
交換していきます。液晶パネルの仮付の準備をします。

基板の汚れや埃を取り除きます。

液晶パネルを仮付けして、タッチ操作に不具合化無いか確認します。
液晶パネルのタッチ操作が正常に戻りました!

液晶パネル操作が正常に戻ったので、基板に絶縁テープを貼って、
基板の保護用の鉄板を貼り戻します。

パネル内側四隅に残っている糊を、一度きれいに取り除きます。
きれいに処理することによって、液晶パネルがよりしっかり接着できます。
パネルを貼り合わせた後の接着剥がれを防ぐためにも、
弊社ではこのひと手間をとても大事にしています。

iPadAir5のパネル貼り付け専用の接着剤を使用して、パネルの貼り合わせ作業をします。

アクティベート(すでに初期化されたため)をしたら、ホーム画面が表示されました!
これで、iPadAir5のタッチ不良修理完了です!

今回はタッチ不良でのご依頼に対して、液晶パネル交換ではなく基板修理で解決しました。
弊社ではこのように原因を追及して、様々な方向から測定して
最終的に修理内容を確定するケースも多々ございます。
経験値が高い技術者がいるからこそ成せるのは弊社の特徴です。

iPhone-repair
iPhone-repair
記事本文: 31